根源的で本質的なことをどうにかすることまで含めたライフハックというものもあるでしょう?

▼わりと「ライフハック」という概念が好きだ。好きだと思う。だからか、養護的かつ楽観的に思ってしまう。俗に言う「ライフハック」が、小手先の技術、表面的な技術、効果も意味も薄いもの、本質的ではないもの、というような位置づけで収まりつつある(ように思える)のはなんでなんだろう。疑問の気配を感じてしまう。登場した当初からではなかったよな、と感じられているからだろう。浸透を始めてからに思える、のだ。換言するなら、誰もが概念として意識し始めてからの傾向じゃないか、と感じられる。というだけで「舐められてしまう」のなら、いかにして扱えば、適切に称揚することができるんだろうか。比較的有益なもの、が、流行りの中においては陳腐に感じられて、粗雑で無様で価値の低いものに見なされる、というのは、やはり好きではない。粗雑で無様で価値の低いライフハックが存在しない、ということではない。雑に総括するな、という自戒の話だ。