せめて余裕を

▼限界まで君らのことを優先したことなんてないんだ。なのに、感謝なんてされるいわれがあるんだろうか。というあたりが、わりと的確かもだ。あまり綺麗じゃないなあ。普段は結構さっぱりあっさり動いているのに、いざ向き合うと、複雑怪奇で、どうしていいのかわからないぜ、って感じだ。思考の意味ないじゃん、と苦笑しておく。こういうの、間違いや勘違いがある、ってぼんやりわかっているのに、巧く誘導できないなあ、って最近はよく考える。固定観念はやっぱり手強いぜ、というか。無いように振舞うことはできるけど、無くすのとはやっぱり違うなあ、というか。往来可能が極上だとは無論思う。目指しておこう。職場へ向かう。軽く手伝いに行った。ギリギリの匂いがしたからだ。余裕を発生させたかった。なんて考えて、このあたりだな、って思ったりもした。たぶん余裕がないのが嫌いなのだろう。せめて余裕を作るために生きたい、みたいな感覚がある。