言葉が態度の上位というわけではなくて

▼逆に、言葉だけじゃなく態度で、っていうのも聞くことはある。
▼繰り返すが、質が違う、のだ。
▼言葉に約束があって態度と違うように、態度も言葉とはどこか違うのだろう。
▼言葉は態度の上位互換、というわけではない。態度+約束=言葉とかではない。
 ▼おそらく、ではある。
▼つまり、求められるもの、与えられるもの、が、違う、
▼適材適所で適量を、あたりを考えないと駄目なのかもな、と思う。
▼言葉で与えられるものを把握し、
▼態度で与えられるものを把握し、
▼特性を、違いを、価値を、理解しておいて、
▼必要な時に使い、使いやすい場面で使い、有益な時に使う。
▼いわゆる、無敵のバランスを獲得する、という奴だ。
 ▼目標である。
 ▼いわゆる、とまで言うのは無茶かと。
  ▼次は、態度の特性、に視線を向けとけ。だ。