定義と責務のバランス

▼定義は好きだ。でも、定義がないからって甘えちゃ駄目なんだろう、というのも同時に思う。例示としては、定義上強制じゃないから強制してないだろ、あたりに対してだ。温いよ、と正直感じる。耐久性の低さ、あたりで表現したくなる。弱輩にはあんまり興味がない。降りていくだけで達成できることなんてあんまりおもしろくないからだ。ま、例外もある。けど、経験的にはあまりおもしろくなかった、と判断している。無論、余裕や滋養や準備のためにはアリだけど、とは思っている。戦術的にはアリだ。でも、戦略的には無しだ。戦略と戦術を誰が切り分けたのかは知らない。目的と手段、や、因と果、を誰が分けたのかもわからない。初期設定かな、という気もしている。何にせよ、すごいぜ、とは思う。世界を算段可能にしてくれてありがとう、なんて言えたりする。▼起床は午前8時。崩れるように眠りに落ちていたと思う。疲弊も策で動かせるかな、を考えていた。