補助と邪魔のバランス

▼傘立てになりたい。から文章を一つ書けるとは思う。傘立て、に明確な意味はない。書けることが良いか悪いかはわからない。からも文章を一つ書ける。良いか悪いかを問うことに意味があるだろうか。からも文章を一つ書ける。このあたりでやめておこう。とすると、ここまでの文章は結局どのあたりに属するのだろう、なんて考えたりもした。最近はあまり状況を記述しなくなった。なってしまった。思考が軸になっている。説明を書いている、と言える。観測し、思索し、まわりを描写している、だけだ。まわりには、説明に繋げうるもの。匂いに釣られるもの。が、あると思っている。でも、記録もやはり残したい、と感じている。ので、前に戻そう、と考えてみた。以前はもっと、知覚情報、を濃く描いていたからだ。環境も巧く記録していた。環境的な備忘録が欲しいな、なんて改めて思ったのだった。起床は午前11時。助けが可能なら嬉しいな、と考えている。