反応と強気のバランス

▼混合処理と並列処理は違う、し、加算処理と積算処理も違う。対角線の増加と、距離の延長と、強みの集中的強化と、弱みの補完や増補も、違うだろう。複数の性質および複数の情報を、取り入れて、組み合わせる時、組み合わせかたをどういう形で捉えようとしてしまうか、つまり、同じ領地の上に置いてみせることで起こりうる反応をどういう形で期待してしまうか、は、かなり多様であって、難しいところなのだよな、と思う。モデルが複数考えられる。でもって、最適解はわりと不明だったりする。確率的には普段から何処を睨んでおけば適切と言えるのだろうか、なんてことも考える。▼起床は午前5時。もう純朴に台風一過などとは言えないだろう。明るくなってきた。風は弱まっている。妙な不満がある。しこり。経験的な判断と現実的な現象の乖離によるものだろう。打破しようと思う。やれると思っていることはやろう、である。動いてみせよう。強気が好きだ。