納得と疑念のバランス

▼頬杖ついてぼんやり考える。ぼんやり考えていた。思いを馳せつつ、納得いく言葉、に関連して考えていた。鮮烈な閃きを活用して思考を始めてみること。地道な問いを重用して思考を続けてゆくこと。などが、重要なんだろう、と考えてみた。必須なのだろう、と思えていた。がないと「納得いく言葉」に辿りつけない、なんて経験則が存在しているように思えた。という判断がある。を、改めて認識してみた。閃きから始めねば、と再び思う。思考には「新奇な境地」が要るんだな、なんて思う。なるほどそうか、が要る、とか思ったりもした。で、閃きに問いをぶつけてみる。疑念を投げつけてみせる。という過程の描写が楽しい、と、考えていた。▼起床は午前6時半。予定より少し遅くなった。就寝前にうだうだ動いていたからだろう。週間目標『意識して自制して30分間本を読む』を楽しめてはいる。義務感も素敵である、と最近は思う。煎じ詰めれば、すべて素敵だ。