胸中の「ああ妥当だなあ」を見掛けるたびに改めて喧嘩を売りたくなる癖

▼ひねくれものだな、と改めて思った。改めて考えさせられた。狂信や盲信を避けたがるせいで「あえて疑ってしまう」ことが少なくないからだ。判断に対してあえて逆らおうとしてしまう。巧く逆らえないか考えてしまう。逃げ道を探してしまうし、裏技を探してしまうし、逆転劇を探してしまう。頓智を模索してしまう。ていうかほんとうにそうなのかなあ、なんて意地悪く問いかけてしまったりもする。妥当な判断だからこそわざわざ疑念をぶつけようとしてしまう。なんて言える習性があるのだ。普段の観測から――幾度の経験から――過去の統計から、おそらくこれはこうなのだろうな、なんて判断している「検証を済ませた素敵な判断」だからこそ、あえて猜疑心を起動させて、むやみやたらに挑みかかってしまいたくなる、なんて言えるような厄介な癖があるのだ、とも言える。好きな習性ではある。有益な習性でもある。でも、ひねくれものだ、とは思う。