結果が駄目でも納得できる『期待』を模索してみよう

▼期待を軽視されたとき、や、期待を無視されたとき――あるいは、期待に応えてもらえなかったとき、に、怒気、や、不満、や、反感、や、苦痛、といった種類の感覚を、可能な限り発生させずに済む『期待』の『形』を見つけ出してみたいのだ、と思った。解明の鍵は、期待が強すぎないことと大きすぎないこと、相手の意志と選択をきちんと尊重すること、気持ちを汲んでもらえるだけでも有り難いこと、応えようと思ってもらえるだけの存在なのかと問い直すこと、あたりにあるんだろう、と思っている。試行錯誤開始だ。