世界を称賛できる道路を舗装する

▼まだまだやってないことがいっぱいあるなあ、なんて思考することで胸を躍らせることができる。のは、やったことのないことを実際にしてみたらとても楽しかった、という経験をたくさん積んでくることができたからなのだろう、と思っている。これはやったことがない→恐怖と不安を感じながらもやってみた→ら、すごくおもしろかったぜ、という経験が地道にすこしずつ積み重ねられたことによって、やったことがないことだな→ならばこれもおもしろいかも、という二つの判断を繋ぐ道路を舗装することができたぜ、ということである。いわゆる経験というのはおおむねそういうものだろう、と思っている。だとしたら、別の道路を舗装してしまった人に対しては私はなにを言えるのだろうか、ということを、以前からずっと考えてしまっている。課題として。▼すでに別経路が舗装されてしまった人に対してなにが言えるのだろうか、なんて考えてしまうのは、ものすごく適切に技巧と修飾と策略と読心を駆使すれば別の道路を使ったりすることで『実感して欲しい気持ち』を感じさせることができるのではないか、なんてことを期待してしまっているからなのだと思う。突き詰めるなら、この気持ちをわかって欲しいなあ、というようなことを私が考えてしまっているだけである、なんてことも言えたりするんだろうなと思う。