文章講座

 著者の血肉と著者の人生が背景にあることをきちんと理解しながら、一語一句を誠実に読み取っていく。自分の血肉と自分の人生をできる限り傾けて、おのれ自身を懸けるようにして一語一句を描き出していく。文章に関しては、そういったことを考えていれば、おおむね悪いようにはなるまい、と考えている。楽観的な考え方だ、とは思わない。簡単なことだろう、なんて思えない。文章ときちんと向き合う、というのは、実は物凄く大変なことだ、と思っているからだ。実は物凄く難しいことだ、と実感しているからだ。気を抜いてしまうととあっさり統制が崩れてしまって崩壊すらしてしまう、といった系統の目標なのだ、と認識しているからだ。という文章を、統制に必要な『強靭な精神』を維持し続けるために書いてみた。そして、これくらい真面目なスタンスを心掛けることで逆に気が楽になる人間もいるだろうな、と想像してみたのだった。私が比較的そうだからだ。真剣に向き合うことで逆に気楽な気持ちになれる、という状況もあるんだよなあ、と思う。