近所の本屋

フルーツバスケット (18) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (18) (花とゆめCOMICS)

▼極相が近い、という感覚を覚える。が、終幕が近い、という感覚は覚えない。このまま終わってしまうのだろうな、と思いつつ、このまま終わらせなくても問題ないだろう、と思っているからなのだと思う。まだ語れるはずだ、というような認識があるのだろう。要するに、サブエピソードが魅力的だからもっと語ってくれ、という欲求があるのだ。

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)

▼著者の石原千秋氏が好きだ。著書をすべて買ってもかまわない、と考えている。以前に読んだ著書『教養としての大学受験国語』が傑作だったからだろう。みすず書房の『理想の教室』シリーズそのものも、前から気になっていた。夏目漱石氏の『こころ』という小説を読んで思考したこともあった。総合的な結果として、購入が決定された。