見えていないことを示す言葉(を、見て選びうるか)

▼▼無意識、無自覚、盲目的、盲信的、脊髄反射、というあたりの言葉の細部を見ようとしていない雰囲気があって──細かい違いを見極めて使い分けよう、という動機があまり強くないところがあって、けど、類似した言葉同士の境目が妙に気になってしまっている場合もあったりはするため、気にならない場合と気になる場合では何が違っているんだろう、って思った。
▼▼うーん、ここで挙げた言葉はそもそも「見えていないこと」を示す言葉であり、見えないものだから、まじまじ見ようとしてもしょうがない、見ようがない、というような諦めとかサボりとかがある気もした。じぶんの中で「これは無意識って言葉を選ぶのが妥当か?」「ここは無自覚って言葉を選ぶのが適切か?」って問うてみても、確かに、うまく答えを出せない気はする。
▼▼日記ならそうだけど、例えば小説なら、丁寧に区別して、描写、言葉選び、しないと駄目なんじゃないかなあ。というか、する余地があるんじゃないかなあ。

二文噛み合わせる手際

▼▼箴言や金言、訓話、を、収集し、創造し、発見し、並べて眺めてみたら、二つの文章のあいだに「相互排除」的な姿が──相反するような形状が、見えてくる、なんてことは多々あったかと思う。二つの「学び」のあいだの噛み合わなさ、が、一緒に並べたことで際立ってきて、うめき声を上げさせられる、ということが、多々あった、▼▼といった二つの言葉のあいだに、潤滑油や接着剤や迂回路になってくれる言葉を挟み、うまく並置させる──両立させる、といった技術こそが、必要あるいは重要になってくるんじゃないかなあ、なんていうようなことを、今回、改めて思わされたりした。
▼▼ほがらかに、なごやかに、すこやかに、生きるために、頭の中から出してこれた「二つの学び」の言葉、を、喧嘩させることなく、一緒に立たせる技術、というのが、あるんじゃないか、という印象があるのだった。でもって、非常に役立つ印象でもある。最近では必須という印象すらかなり強めだ。▼▼おのれの頭の中の「納得感」に繋ってくれるよう、うまく、言葉で、舗装路を作る手際と算段だ。