村の人生+港町拡張や大鎌戦役で遊んだ(黄色ボードゲーム会)

▼▼遊んだ日。あいかわらずボードゲームで遊んできた。あいかわらず、ってもう永遠に言い続けてもよさそうだなと思ってしまうくらい、余程のことがなければ、遊ぶと言えばボードゲーム、ボードゲームで遊びたい、というのが常態化していくんじゃないかと想像している。今日は『すずめ雀』→『村の人生+港町拡張』→『大鎌戦役』という順番で三つ遊んだ。
▼▼『すずめ雀』は非常にうまく簡略化させた麻雀だ。見た目までアレンジされた「麻雀亜種」が多い中、見た目も含めて全体的に麻雀に近しいところに落ち着かせているところが特色だろう。かなり麻雀っぽい。人から捨て牌をもらう手段は基本的に無し(ロンはあり)。役作りと待ちに特化させている雰囲気だ。楽しい。麻雀って独特の楽しさがあるなあ、ということが判る。『村の人生』は初めて『港町』を混ぜて遊ぶことができた。これも楽しかったー。港町入れたほうが明らかに楽しい。でも要素かなり増えちゃうから、ついていけないという人も出来ちゃうかも。今回の対戦相手的にはなかなかちょうどよかった雰囲気だった。そしてやっと『大鎌戦役』で遊ぶこともできた。『サイズ』という原題で呼ばれることも多くて、呼びかたに迷う。アートワーク、世界設定などが、美しい、戦略ゲームだ。駆け足プレイになってしまったので、また改めて遊びたいと思う。非常に盛り上がったのは『村の人生』で、やはり好きなゲームだと再認識できた。本日の最優秀作品と言える。でも、もっとちゃんと時間が取れていたら、『大鎌戦役』の盛り上がりがそれを上回っていたかもしれない。というのもあって、また遊びたい感が強めだ。




すずめ雀

f:id:meltylove:20181015095443j:plain






村の人生+港町

f:id:meltylove:20181015095459j:plain






大鎌戦役(サイズ)

f:id:meltylove:20181015095518j:plain

異世界転生に慣れてきた

▼▼異世界転生というような設定やストーリーにうまく馴染めないところがある、とは思うことがあったけど、いろいろと評価のよいものを楽しんで見ているうちに、まあまあ馴染めてきたとは思う。齟齬や軋轢、摩擦、といった雰囲気を中和してくれるロジックがいつの間にか生成されてきた。超能力とか必殺技とか巨大ロボットとか魔法とか魔力とか魔族が出てきてもぜんぜん自然さを崩さずにいられる。自然さというか「世界さ」みたいなものを安定させたままでいられる。というところに、転生、異世界転生、といった概念も混ぜることができてきた。
▼▼実はこの世には、超能力が、必殺技が、巨大ロボットが、魔法が魔力が魔族が、あるよいるよ、って言われても、あんまり驚かずにいられる気がする。というような「もしかしたら」という感覚の中に、異世界転生、というものも混入させることができてきた、とは言いたくなったのだけど、やっぱり、ほかのものを比べると、違和がおおきめではあるかなー。
▼▼死ぬ、っていうプロセスが混じってくるのが、やっぱり、抵抗感をおおきくしている要因ではあるのだろうか。死ぬの嫌がりすぎ、とは言えるのかも。▼▼異世界転移(死なないで異世界に行くやつ)には、ぜんぜん不自然さも違和感も覚えないので、やはり、死んで生まれ変わる、っていう現象を、異端視しているところはありそう。