読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じ台詞の見つめかた

雑談記 勤務記

▼▼普段より忙しい一日だった。時間が進むごとに業務が積み重なっていって困った。
▼▼人間の「一日のアクション」の許容限界を10とした時、普段は7付近で過ごしているけど突然15を喰らった人、と、普段は1の中で過ごしていて突然9を喰らった人、が、それぞれいたとして、両者の口から「なんでこんなにいきなりいろいろ来るんだよー、キツイよー」という不満台詞が出ることは想像できるし、同じ、と言えるような近似の感覚から出てきているんであろうことも思ったりはするし、聞き手側としても同じ雰囲気で聞いてしまうことがあるんだろうけれど、でもやっぱり、違うは違うじゃん、とは言いたくなるというか、違うものとして見做せる、聞ける、ということがあるとよいよね、っていうのは、思ってしまうし、言いたくなってしまう。なってしまうのだ。そのあたりに理想や幸福というものを見ているところはある。

はてなブックマークに付ける星

雑談記

▼▼あの記事をブックマークしてくれて(読む機会をじぶんにくれて)ありがとう、というような気持ちによる、ブックマーク的はてなスター、を、付けてよいのか、けっこう迷うことがある。こういう意図による星をあまり見かけたことがないから?(というか、観測範囲内にあったとしても、構造的に非常に認識しづらいはずなので――結果として、そういう意図の存在はあんまり自明とされておらず、伝わらないであろうから)かなー。感謝くらい素直に伝えろよなあ、とも思うけれど、感謝だからって何でも素直に伝えればよいってわけでもないだろ、とも思う。▼▼素直に感謝を伝える(ことがよいことだ))ということに重きを置きすぎてしまい、勘違いや困惑を生みうるくらいなら、なおさら、迷うくらいはしろよなー、というのも思った。