遊びに誘う

▼▼遊ぶのが好きなこともあって遊びに誘う場面などがあった。遊ぶのも好きだけど遊びに誘うのも好きな気がする。遊ぶという現象を実現させるプロセスだから、というふうに言語化することも可能だ、とは思ったけれど、少しズレている気もする。ぜんぶは言えていない雰囲気はある。遊びに誘っているという状況自体が見せてくれる面白さというようなものがあるかと思える。▼▼遊ぶという行為や場面が減ったら、つらい、とは思うことがある。幼い頃からずっと思っている気もする。けれど、これがなくなったらきっと非常につらいのではないか、と想像していたことが、実際にそうなってみたらそれほどでもなかった、ってことだって、沢山あった。必須の楽しさ、必要な気持ちよさ、なくてはならない幸せ、というようなものに関する勘違いは、沢山あった。だから、あんまり怖がらなくてもよい、なくなったらなくなったで別によい、なんとかなる、と思うようにしているところもある。あるかなあ。とはいえ、現状では、嫌だな、って、やっぱり思う。思ってしまうことを制御できていないところはかなりある。なんというか、病みつき、とでも言うような、逃れがたさ、依存、などの気配はあるのだ。というような、快楽に溺れている時の、ブレーキの利かなさ、ストイックじゃなさ、でもって、自覚のなさ──自覚があるかのような自認があるせいで余計にきちんと自覚できていなさそうな状況、って、苦手だし恐怖だし、嫌いだ。嫌っておかないとマズイ、と判断しているところがかなりある。無理矢理ぶっちぎられるまで必要だという印象から逃れられない。脱却できない。払拭できない。運よくちぎれるのを待つしかない。というものがあるのは、あんまりよくない、と認識したいほうだ。修理修繕のしかたについては、現状ではまだまだ不明瞭なままな気もする。経験則からなんとなく判ってきている気もする。

雄山で登山しました

▼▼長野県から富山県に抜ける立山黒部アルペンルートの途中、立山登拝道コース、というところで山に登った。雄山という山の山頂にある雄山神社峰本社に向かうことになる登山だ。雨と霧が強めだったので、様子見をうかがうようにして進んでいったら、なんだか後戻りもしづらくなってきて、結局山頂まで登る、という状況だった。適切な判断だったかは今でも迷うところだ。視界の悪さにビビったし身体も冷えた。いずれにせよ、よい経験ではあったと思う。濃霧のために少し前すら見えないぞ、というのと、前のほうが見えなくなるとどちらに下りればよいか判らなくなるので遭難とかあっさりしそう……、というのが非常にわかりやすく実感できたのは、よかった。恐怖も畏怖も抱いた。少し足を滑らせれば怪我をする、油断したら死ぬ、道が不明、足元が不安定、まったく干渉できない物事が身の回りの安全性をあっさり変えてくる、といったものを見つめながら、大自然が神格化されるのは当然か、ということも判った。神がおわすことにはしたくなる。確かにしたくなった。ほんとうに山や海は神感出してくるなあと思った。
▼▼登山をテーマにしたボードゲームで遊んだ記憶、登山をテーマにしたテーブルトークロールプレイングゲームのシナリオの観た記憶、が、けっこう最近にあって、おかげで登山に対する印象が楽しげだったりもしたので、頭の中で見比べながら登った。ボードゲームもシナリオもかなりよい出来栄えだったことを改めて理解した。


f:id:meltylove:20180924020410j:plain
f:id:meltylove:20180924020759j:plain
f:id:meltylove:20180924020806j:plain
f:id:meltylove:20180924020813j:plain
f:id:meltylove:20180924020820j:plain
f:id:meltylove:20180924020827j:plain








www.youtube.com
https://www.amazon.co.jp/Rebel-pl-HE344-K2-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/dp/B0049HLTNWwww.amazon.co.jp