常識なんて(常識だから)いつでも参照可能、という錯覚がありそう

▼▼当然とか常識とか普通とかいうようなものが、やっぱり、頭の中ではいつだってぐるぐると渦を巻いていて、いつでも参照可能、といった気持ちで生きているのだけど、一つの瞬間、一つの場面、で、脳の俎上に載せて運用できているのって、結局は一部だな、ということを強く思わされるような昨日と今日であった。▼▼いつだってこういうときはこうだろう、といった印象ばっかり使って生きていると、やはり、ミスる。ミスりそうで冷や冷やした数日であった。
▼▼なんとかなったー、傷つけないでいられたー、迷惑をかけなかったー、ギリギリうまく対処できたー、というような振り返りのもとで書いているところがあるねえ、と改めて思えてきたのだけれど、ほんとかなあ、って気分も出てきたな。

強い当たり前の日

▼▼正論や一般論のような「当たり前じゃん!!!」というような認識を、びっくりするくらい強く経験させられた日に、日記にどういうふうに書くかは、なんとなく迷う(当然である!というふうには流石に書きたくない雰囲気がある)(至極当然の出来事相手に至極当然の言葉選びをすることが妥当というわけではない、とは思っているし、信じているし、結局はそのあたりが好きだからだ)
▼▼ひとそれぞれに事情がある、とか、誰だってじぶんを正当化したい、とか、そのあたりのこと(そして、そんなの当たり前だよねえ、と思っていること)を、非常に強く、改めて喰らわされた日であった。