読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

程よい距離感の単語

▼▼自然体のまま使える、というところから少し離れたところにある単語、を、沢山使ってくれている文章が好きだ、というところがあって、というのと同時に、あまりに遠く離れたところにある単語が使われていると、脳に負荷がかかりすぎて楽しめなくなってしまうので、程よい距離感が大切だ、素敵だ、ありがたい、と思っているなー、なんて思ったのだけど、流石に自己都合すぎない? とも思った(いやそもそも好きなんて自己都合の塊では……)(いや好きは自己都合と関係ある概念と言ってよいのか……?)

「選ばれなかった言葉」妄信

▼▼選ばれているものが見せている素晴らしさばかりでなく、選ばれていなかったことの素晴らしさ(不可視のところの美しさ)まで判るようになると、玄人だ、識者だ、巧者である、というような判断があったりするかと思うのだけど、人様の、発言、言葉選び、を聞いている時に、それが判るようになるとよいのだけど、ということを改めて思った。
▼▼基本的には想像が及んでないと思うし、基本的には幻想や買いかぶりになっている気もする。好きだー、というだけで、相手の知性に夢を見てしまい、好き勝手と妄信を交えながら高評価を与えてしまっている気も、する。
▼▼まあでも、普段の会話の中で「相手が選ばなかった言葉」に気づける瞬間なんてほとんどないだろ、と思うし──書き言葉ならばともかく、話し言葉が持つリアルタイム性の中で、こういうところに思いを馳せるのは、難しすぎるだろ、と思うし、だから実際的には、幻想、妄信、過信を礎にして解釈してるしかないのだな、って思う。まあ別に解釈しなくてもよいのでは、ということも思ったは思った(こういうふうに書きたくなるということは、相手の「選ばなかった言葉」「選ばなかった判断」「選ばなかった知性」(について考え、妄想するの)が、好きなのだな……)。