いっぱい余裕が欲しい(というほどいらなそう)

▼▼余裕必要性をほんとうに多めに見積もりがちだ。余地をおおきくしすぎる。▼▼基本的にこれくらいは欲しいぞという欲望も、最低限これくらいないと破綻するだろという恐怖も、前回これくらいで満足できたぜという経験も、ぜんぶ、毎回、判断ミスしている気配がある。適切にしようとすることをなんとなく忌避している気もするのだよな。下手に手を出して調整ミスしたら大変そうだから、というビビリがありそう。