正しさの相対と絶対(気持ちと語り口)

▼▼絶対的なものとして感じてしまう正義や正当と、相対的なものとして感得できてしまう正義、正当があり、この区分とは別に、絶対的なもののように正しさを語る語り口、というのと、相対的なものとして正しさを語る語り口、というのがある。このあたりの噛み合わせの悪さを放置したまま長い時間を過ごしていると、躰によくなさそう、という感覚がある。