そのひとの知の文脈

▼▼ウェブ日記だと普段はあまり読めないこんなことが読めてよいっすねえ、ほんとうに新鮮かつ異質な文化ですねえ、素敵な気がするー、と遠回し遠回しに言及することで、押しつけがましくない雰囲気で日記の株をあげようとしてるわけだけど(変な前提)(まあじぶんが読みたいがために日記書きを増やそうと狙っているところはあるのだった)、このような日記おすすめ脳で日々を過ごしていてふと思ったのは、なんかこう、ウェブ日記的な文章だと、わりと、知的に尊敬してる人の、知性の来歴の話──師匠筋としている人物の話、あたりが聞けたりしてよい、ってことなのであった。
▼▼ここから学んだ、このひとを尊敬してる、こういう知性に影響を受けてる、というような情報が、日常会話や人生談義の中、時折、窺えることがある。非常に好きだ。
▼▼知の文脈、知の来歴。知の系譜。および、積み重ねと自覚の話。
▼▼まあ、相手の知性の流れを知ることで、相手が持つ知的枠組みの仮説を詳細化してみせて、トレースしやすくし、獲得しやすくするぜ、みたいな狙いはある。人様の知性からは学びたい。原点の一つを知ることで把握しやすくなるんじゃないかな、って期待はあるのだった。あと尊敬してる人の原典は純粋に楽しそう、って期待も混ぜている。