姿勢の話の配合量

▼▼行動、行為、の背景にある、意識、スタンス、姿勢、あたりの話は、しすぎると、くどくなるけど、しないよりはよい、というか、程よいスパイスとしての分量、というのがあるんだろう。このあたりの話によって(も)文脈が作れるし、作るにあたってちょうどよい「文脈作りのための配合量」というのがある気がした。