おとなになって気づけたこと、を基本的に推してるフシはある

▼▼世界や社会や人生に関して、ある段階までぜんぜん重視できていなかったところというのがわりとあって──誰かがそこに関することを話してくれていたのを観測できたから気づけた、と思っているところもあって、もっと早く気づけていればな、と後悔気味に思うことがあったりするし、気づけたのは偶然というか確率というか「その誰かが運良く言葉にしてくれていたから」と思っているところも結構強くあるし、なのでまあ、こういう人がいたのだ──こういった「人生の気づき」に関する流れがあったのだ、ってことくらいはせめて書いておいたほうがよいのでは、というような動機が、こうして日記的な文章を公にしている理由(の一つ)な気はする。
▼▼日記内で「この世だと構造的にこのあたりが大切っぽいじゃないですかー」なんてふうに書いてる時って、ほんと大切っぽいのに実は昔ぜんぜん気づけてなかったんですよねえ……、っていう反省的な気持ちが背後に隠れてたりするので、逆に強気で書いちゃう癖があるというか、気後れせずに書けてることが多い気もする。