読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうあくなまもの、さんマニア、トリックオブスパイ、村の人生、ハコオンナ、ふたつの街の物語、で遊んだ(白色ボードゲーム会)

盤遊記

▼▼知人と知人の顔合わせを行なう機会が増えつつある、とまでは言えないけれど、今後引き続き増えていきそうな雰囲気は出てきている。ボードゲームのせいだ、と言える気はしている。ボードゲームのおかげ、と言うこともまあできるだろう。
▼▼言葉選びにおける「せい/おかげ」の使い分けは、比較的好きなところである。無意識に「嬉しく」思ってしまっているか「残念に」思ってしまっているかが、如実に顕れるじゃん、と言えそうなところが、楽しみどころだ。無意識を判別、ということをほんとうに「ここ」で行なってしまってよいかは、微妙では、と思っているところもあるか。あとは「××できている/××してしまっている」という意識構造も同じく好きである。
▼▼白色ボードゲーム会だった。四人で遊んだ。
▼▼遊んだゲームは時系列で以下の通りだ。『きょうあくなまもの』(初)→『さんマニア』(数回遊んでいる)→『トリックオブスパイ』(初)→『村の人生』(二回目)→『ハコオンナ』(初)→『ふたつの街の物語』(二回目)。▼▼二回目くらいまでは回数を記憶できる気がするので、これも今後は残しておこう、と決めてみた。




白色ボードゲーム会

『きょうあくなまもの』

f:id:meltylove:20170114123711j:plain
▼▼初めて遊んだ。遊んでなかったのを後悔する雰囲気で、好みのゲームであった。短時間で終わる型かつ一対一型のカードゲームだ。ダメージを与える手段が限られていて、題名にもなっている「凶悪な魔物」を召喚して、1ターン、維持できれば、勝ち確定、というような調整がなされていたりするので、如何にしてこの決め手を実現させるか、というところに注力させられるし悩ませられる。よいゲームだ。☆7(喜んで遊ぶ)






『さんマニア』

f:id:meltylove:20170114123720j:plain
▼▼最近無茶苦茶出番が多い。インスピレーション型の気持ちよさがシンプルに得られるところがほんとうに素敵だ。プレイヤー別の山札をぜんぶ無くしたら勝ち、なので、ボーナスが発生した時に「山札を一枚引ける」、というところで、引きたくなるのだけど、引かずに手札をいったんぜんぶなくせば、別のメリット(人の邪魔)を引き起こせるため、悩む、というところがよい。☆8(おすすめ。誘われたら断らない)






『トリック・オブ・スパイ』

f:id:meltylove:20170114123728j:plain
▼▼今回遊んだゲームの中では最も好きというか印象に残っているかと思う。インディーズ時に買い逃した時、非常に後悔したゲームだった。後悔して当然だったな、と改めて思わされた面白さだった。最近はトリックテイキングと呼ばれる種類にも興味がある。愛好者の説明が楽しそうで惹かれるのだ。第一手だな、と遊びながら思った。トリックテイキングプレイヤーを増やそうと画策するのに程よすぎる、と驚嘆した。☆8(おすすめ。誘われたら断らない)






『村の人生』

f:id:meltylove:20170114123738j:plain
▼▼おっかなびっくり遊んでいた初回プレイが少し前にあって、二回目。3人で遊んだのだけど、残り2人は初プレイだったし、比較的重め、かつ、ワーカープレイスメント、というものに慣れたプレイヤーでもなかったので(これはじぶんもそうだけど)、ものすごく楽しんでもらえたか、と言うと、若干判らない雰囲気なのだけど、まあまあ楽しんでもらえた雰囲気はあったし、じぶんとしては大変楽しむことができた。☆8(おすすめ。誘われたら断らない)






『ハコオンナ』

f:id:meltylove:20170114123747j:plain
▼▼話題のゲームだ。本格的なホラー型、というところが話題を呼んでいる。プレイヤー一人が「箱女」となって、館に招待したほかのプレイヤーたちと、かくれんぼする。逆かくれんぼとも言える。箱女を見たプレイヤーは死亡するからだ。死亡したあとは箱男となって館をうろつくことになる(箱男を見てしまっても死亡)。箱女の凶悪な能力と、背景になっている物語、諸々のアイテム群、が、それぞれ嫌な雰囲気を醸し出していて、素敵だった。第二版ルールをWEBで確認しながら遊んだ。☆7(喜んで遊ぶ)






『ふたつの街の物語』

f:id:meltylove:20170114123800j:plain
▼▼右の人、左の人、と協力し合いながら(タイルを一枚ずつ出し合いながら)街を完成させるゲームだ。タイルの種類で得点が変わる。真っ直ぐ繋げるとよい商店、や、さまざまな施設があるだけ得点になる(しかし工業地が真横にあると得点が下がる)住宅、などがある。三十分ほどで終わる手軽さと、若干複雑な思考を要されるところの、バランスが非常によくて、使いやすいゲームと言える。真剣に高得点を目指してみたくなる。☆6(普通に楽しい)