考えることすらよくわからないのに考えると何かを比較できるのか?

▼▼考えるって行為自体をいまだうまく比喩できないでいるのに「考えると感じるを比較してる行為」を比喩できると思っちゃってるの、ちょっと無謀すぎない? って思った。
▼▼けど、世界を単品ごとに調べて造詣を深めていってから、派生や応用として「繋がりかた」を分析していくやりかただと、まあ時間足りないよなあ、っていうのも思った。