日記の真似っこ

▼▼以前に日記に書いていた頃の光景と心理を最近は脳内検索している。好きな日記書きの文章を熟読してエッセンスを汲み取ろう、と、試行錯誤していた切り口のことを思い出した。日記に限らず比較的よく目指そうとする行為だ、とは言える。好きな人巧みな人素敵な人の持つエッセンスを汲み取って、技術技法として抽出して、組み込んで、自分でも模倣のようにして為せるようになる、と素直に信じているところが、強くあった。というか今でもある。若干の微調整は続けてきていて、駄目なやり口粗末な切り口は、巧いこと理解できてきてるぜ、だからできるぜ、と背景では思っている。▼▼真似の意味の無さはいまだよくわかってない。雑に言うと、同じ人が何人いてもよいと思ってる、ようだ。