漫画読みとして落第点

▼▼漫画読む時に、目線が絵に向いてないことが、わりとある。雰囲気だけで流してる時があると時折自覚できる。漫画読むの下手なのかもなーと思った。まあ実際は結構前から思ってる。巧い漫画読みになりたいぜ、っていう欲があるのだった。▼▼絵描き修行で鍛錬できるのは確かだろう。製作者的眼差しによる鍛錬法は経験則化している。製作者側に回って目線を鍛えることの理非や効率は考えてみたいかもと思った。