難解な書物が自分に与える効果をいまさら知り始めた、みたいな話なのかなー

▼▼書いてて非常に混乱した。ので、論旨だけ捉え直しておこうと再度追い直す。▼▼難解な書物を読まないと君は賢くなれないよ? って言われたら、即座に刃向かってしまうな、と最初想像した。▼▼言葉足らずで合理的じゃないからであり、つまりは、難解な書物を読まないことが即座に賢さを獲得できないことに繋がるとは判断できない、からだ。
▼▼獲得できないぜと断言しちゃうのは流石に無理あるだろ、と思ってしまうのは、いわゆる「賢さ」ってものの範囲を、おおきく見積もっているからだ。見積もりすぎてる。
▼▼わざわざ難解な書物なんて読まなくても獲得できる賢さは多いだろ? 賢さってのは沢山あるんだから獲得の手立てはいくらでもあるぜ、という認識である。▼▼けど、難解書物読書ってやりかたを捨てると獲得できない、か、違うやりかたで攻めてると獲得しづらくなるところもありそう、って想像もできる。▼▼ので、以前から自分が欲しがってるのは──欲しがってたのは、結局やはりそこなんじゃないか?、と妄想もしてみてる。