みんなしあわせ、みんなのしあわせ

▼▼誰の人生も否定したくないなー、っていうのがあって、でも、文章に書こうとして破綻したので諦めた。誰かの人生を馬鹿にしたり罵倒したり踏みつけにしたりする権利など誰にもないとよいと思う。あと、前述したような意味合いを雰囲気で見せているような人達を沢山見つけられたので、日記的な文化には死ぬほど感謝していたりします、ってことも合わせて考えていた。っていうかよく考えている。ありがとう、って書いちゃおう。とはいえ別に、書き手の人達が実際そうして生きているぞ、っていう認識ではない。日記を読んで、素敵だなあ、って思えるくだんの人達であっても、実際的な日常は、勝手に想像しているものとは、全然違うんだろう。読み手は――自分はおおむねそう理解していると思うし、理解していてなお、素敵な文章に出逢えて素直に嬉しく思えて、時には世界を変貌させたりできている、っていうのは、全然違うことじゃん、って思う。思えるのだ。