送別会

▼送別会があった。終了後に記録している。だから、普通に楽しいと思えていたのだけど再解釈の余地もあるみたいだ、って書けてしまったりもする。難しいところだな。▼最低限として、振る舞いの反省はしておこう。巧みな行動がもっとあったはずだからだ。微妙な巧手が状況を少しずつよい彩りに向けていく、みたいな観点が非常に好きである。のだけど、油断も多くて、視野を狭めてしまうことも多々ある。あってしまう。眼前の愉悦にふと取り込まれてしまうことがある、のだ。▼無論、眼前に楽しさがあることは素敵なことじゃん、とは思っている。でも、と同時に、けどもっと素敵なことがあるわけでさ、と考えてしまうのだ。むしろ正確に言うなら「考えたい」と思ってしまっているのだ。