矯正も補正もしていくように手抜きを捨てていきたいけど、言葉にすると格好付けすぎかもなので、地道に動け

▼最近は矯正や補正を意識している。意識してしまっているな、って思った。けど「意識できている」と表現したいところかな。嬉しいことではあるからだ。▼些細な甘えが浸透してきてしまっているなー、とかいう雰囲気を感じている、のだった。判断の背後に淡く垣間見える甘えが――あるいは、正当性確保を狙う精神のえげつなさみたいなものが、捏造を謀りすぎていて、許せない瞬間があるのだ。あるようだなあ、と、最近また改めて判断できるようになった。見つめられるようになった。以前はしっかと見据えながら明確に嫌えていたものだと思う。なのに、最近は、油断して、あっさりと侵入を許してしまっていた。なんて表現してしまうと聞こえがいいからな。駄目かもだろうだ。言語化で飾るのは逆効果か?とも思えたりはする。欺瞞系問題に関しては特にそうだろう。油断と怠惰の美しくなさをもっと噛み締めろよなって思う。聞こえよく解説してる場合じゃないぜだ。