記録の軽視が厭、じゃなく、努力の軽視が厭だったのだな、と自覚した

▼前項の追記的に考える。
▼記録しよう的な頑張りなんて無理にしなくても対象の「素敵」が心底「素敵」なら忘却機能によって勝手に洗練されてうまいこと残るもんだぜ、みたいな、苦心などなくても素敵は気軽に追求できますよ的思想、が、あんまり好きじゃないのかなー、って考えた。
▼頑張ってでも逐一記録していくぜ、という苦心や策略に支持された素敵が許されたって別によいじゃん、って思ってしまうみたいだ。忘却の淵から逃げ延びた「素敵」だけを軽薄に称揚するようなことはしたくない、って言えるかな。ま、誇張の匂いもするけど。
▼忘却機能が嫌いなんじゃなくて、むしろ好きな状況だってあるけど――多いけど、だからって、過剰に委託してしまうのは好きじゃない、って言ってもいいかもだ。
▼問題意識の源泉を翻訳するとこういう感じなのかなー、とかって考えていた。