資源の把握が甘く、だから当然配分も粗雑で、うまくいくわけがなかろ?

▼行動計画の設計あたりに関しては相変わらず失敗することが多い。改善されたところもあるけど、ま、何とかしたほうがよいだろう。時間資源の把握が甘くて、おかげで配分が粗雑なのだ。ぼんやりしている。つまり見通しが甘すぎるのである。というより、まるでない、とさえ言えるだろう。見通しがない。時間が足りないとか思っていることもあるけれど、結局は、単に、足りる、という状況をきちんと想定できていない、だけだ。▼時間管理の問題はおおむねこのあたりに帰結することが多い、ようだ、と認識している。▼資源は限られている。つまり、時間は無限ではない。だから、計画は重要だ――計画が、重要だ。別にあせらなくてよい。あせる必要はあまりない。効率面の改善に繋がるあせりなら意味もあるだろうが、時間の不足についてはあせっても意味がない。泣いても喚いても時間は増えない。資源をうまく分配して、可能なことを可能なだけやるしかない。