頑張るスイッチと頑張る時の癖

▼まだ暗闇が残っている。色鉛筆の水色は綺麗で好きだった。同じ感触の薄青色が淡く空を覆っている。ふわふわした雲が視認可能な速度で流れてゆく。のも楽しい。緊張を排除して、視線を強くして、配分しながら、んー、と思う。頑張ろう、とか思う。頑張ろうと思うことにあまり意味はない。頑張るために効果的なのは頑張ろうと呟くことではないと理解している。というか、経験的に判断している。頑張れた時というのは別に頑張ろうと呟いた時ではないと知っている。頑張るスイッチは頑張ろうという言葉では切り替わったりしない。むしろ手を伸ばす時の癖のようなものだろう。別に癖が悪いってわけじゃないよね、という話だ。▼起床時刻は午前5時。勤務開始は午後9時。結構寝た。回復もしたかな。最近は余裕がなくて、余裕がないとこうして書くことで、どうにかしてやろう、とか考えている。問題視することが解決の第一歩かつ最善手だと思っているからだ。▼読書は『その仕事は利益につながっていますか?』をまだ読もうと思っている。問題なく楽しい。評価が高くて復刊したものの一覧、とかがあればいいのに、なんて考えたりもする。