戦闘漫画での得意技

▼戦闘漫画は得意技で差別化を企図できるよなー、と思った。だから、性格や顔や口調が酷似していても時には何とかなったりするだろう。何とかできたりもするんじゃなかろうか。巧くすれば許容されそうだ。おもしろいものにできそうだ。▼恋愛漫画ではおそらく無理だと思う。性格や顔や口調での違いが登場人物としての違いになると思うし、せざるを得ないだろう。でも、戦闘漫画は、得意技で、差別化できる。という戦闘漫画が特別に持ちうる要素は、戦闘漫画に、どういう特徴を与えたりしているのだろう。戦闘漫画をわかりやすくしたり、あるいは、子供向けにしたりするだろうか? 手軽がゆえに創造的なところで手抜きできるようになったりもするだろうか? もしくは、結局はほかの要素を加味するとプラスマイナス0になるだけなのかもしれない。あと逆に、恋愛漫画では戦闘漫画と比べて何処かラクできるところがあったりするんだろうか。戦闘における理屈、とか、得意技の設定、とか。なんてあたりを考えなくていいところかなあ。と思うのはなんか違う印象がある。▼あと、戦闘漫画が「得意技」という要素でほかよりも差別化を図りやすい漫画だとしたら、性格や顔や口調までにもはっきり尽力して――得意技にも手をかけて、という緻密な漫画が、死ぬほどおもしろくなりえたりするんだろうか。別に登場人物の差別化が直接おもしろさに繋がっているわけじゃないだろ、という指摘はアリだろうし、確かに妥当な突っ込みだよなとも思うから、思索自体が危ういのはわかる。