心情作用の分類作業

▼理解や納得を「感覚」や「感情」の亜種とか一種とかで捉えてみるのは意外とアリなんじゃないかなー、なんて思っていたりはする。平衡感覚と時間感覚と視覚と嗅覚と快感と歓喜と恐怖と君に逢いたい、は、種類としては何処ら辺で線引きできるんだろう、という話だ。境界線が不明なのだけど別種で捉えちゃっていいのかな……、という話でもある。