螺旋思考とより具体的より抽象的な行きつ戻りつ

▼雲。曇天が続いている。形容が思いつかないほどに。と形容しておこう。起床は午前9時。熱が籠もっている。相変わらずだ。新規店舗の手伝いに行く予定がある。
▼読書は『はじめての課長の教科書』を引き続き読もうと思っている。読み始めた。
▼抽象的なことも具体的なことも織り交ぜて考える必要があるんだろう、なんて現段階では思っている。極端や偏重は非推奨の気配を感じるのだ。抽象的思考には当然良いところがあって、具体的思考にも無論良いところがあって、で、両者の利点は妙に巧く絡むようにできている。両輪とか形容されうるものなんだろう、なんてのが現時点での判断だったりもする。抽象には「一般性」および「推進力」あたりの特性を感じる。具体だと「的確性」および「実践力」なんかに特性を感じる。抽象だけだと論点ズレやすいし行動に繋がりにくい。具体だけだと話通じづらいし思考を前に進めづらい。とか。要再考かもだ。