幸せを否定できない

▼幸せという概念は前向き過ぎて危険だよな、と、時折感じることがある。否定が困難な概念を取り込んだ思想は結果として否定が難しいからだ。幸せは否めなすぎるよな、と現段階では考えている。否定できない向きが幸せと呼ばれうる可能性を見て、頻繁に思ってしまう。にもかかわらず、幸せの追求、は、誤りうる。から、幸せを粗雑に扱うのははあまり好きじゃないのだ。慎重さが要される、し、賢明さが試される、からだろう。