という恐怖があるのだ

▼縦読み文章で、最後の二行ほどあたりをかなり「不自然」な形で一文字だけにして、縦読みだよ、って教えてくれることがある。で、縦読みに気付けることがある、つまり、明確なヒントがないと気付けやしないことって多いよな。あたりから考えていた。親切がないと辿り着けない深みがある、ということについてだ。にもかかわらず、世界が親切とは限らない。むしろ親切ではあるまい。なら、どうしよう。では、どうしよう。強化、しかないのか? 諦めたくはない。なら、強化でいいじゃん、とは思う。いい。問題はないように思える。でも、問題なく思えること自体が、気付いていない、の範疇なのでは?