視線と指標のバランス

▼同種のものを測る物差し、を、複数持つことは可能なのだろうか、なんて考える。いわゆる、ジブンにキビシク――タニンにヤサシイ、なんて言説を目にしたりすると、ぼんやり考えてしまう。ジブンに対する評価軸、と、タニンに対する評価軸。を、適切に違えてしまうことなんて、可能だったりするのだろうか、という問いだとも言える。簡単に言うなら、ジブンの行う行為Aを否定的に評価しておきながらタニンの行う行為Aを肯定的に評価する、なんてことが可能なのか、という疑念である。ジブン、と、タニン、を、同値として認識している限り「評価軸」を違えることは無理なのではないか、という仮説を現段階では持っていたりする。同じものが同じことをし、けれど評価は違う、という心理は想像しがたいからだ。わずかな差ではあるのだろう。が、違うもの、として視線を向けている気配を感じている。▼思考過剰です。満足するまで今日も動こう、だ。