無視と転化のバランス

▼敗北は死ではない。だから、転化してしまえ。短期の負け、を、長期の勝ち、に繋げてしまえ、という視座がある。昔は理解できなかった。たぶん、構造がうまく想像できていなかったからだろう。経験不足、だったのだと思う。時間と活動と評価を「運動」として認識したことがなかった。認識する機会がなかった。若かったから、ではないと思う。認識しているように見える若いひと、も時どき見かけるからだ。馬鹿だったから、とか、愚昧だったから、かな、なんて考えてみることもある。改めてシミュレートしてみることもある。のだけど、違和感があったりもする。なぜ視野が狭かったのか、に対して、頭が悪かったから、と答えることには、どうしても違和を覚えてしまうのだ。同語反復の気配があるからだろう。意味の広がりがないように思えてしまう。▼起床は午前5時。空の色が独特で楽しかった。写真を撮ってしまった。読書にいそしみたいな、と思う。