いつか、気軽に、素直に、きちんと称賛が告げられる日が

▼数回続けて「同じ書き手の文章」に「はてなブックマーク」するような状況に陥ったりすると、以後は余程強く「素敵だぜ!」とか思わない限り、ブックマークしなくなる傾向がある。正直なところ、あとはもう全部ローカル保存しておけばいいや、とか思ってしまうからだ。ゆえに、時事「はてなスター」に関しては、歓迎感が意外と強くある。思いのほか真剣に、はてなブックマークより気軽な「素敵だぜ!」はないものだろうか、とか感じてはいたからだ。所詮拍手だろ、的な言葉も数回見掛けた。が、はてな拍手の存在はかなりありがたい、と思うのだ。空気にかなりの違いができるんじゃないか、と思える。あと、思う。思った。悪いけど、誰かが「幸せ」を願って作ったものを無駄にしたりはしない。したくない。まったくしたくない。修練も学習も思考も、無論まだ満足できる域には達していないけれど、でも、そういう可能性を掴み損ねないことを、願って、考えて、続けてきたつもり。だから、可能な限り愉しんでみようと思う。迷いなくおもしろがろうと思う。素敵を増やすためにきちんと活用していきたい、って思う。まかせろ、だ。