可視と埒外のバランス

▼思考や嗜好のシミュレートは時おり行なうことがある。近似した感性を再現してみせることがある、のだ。再現できた気になっているだけなんだけど、とは無論思っている。視線や観念をうまく動かして、胸中の「重視」を活性化したりマスクしたりして、センサーを変化させて、なるほどこの感覚だったらあの発言や態度にうまく接続できるな、なんて思ったりする。でも、シミュレートすらできない、と思わされることもある。という感性は、結果として「世界観」の中に存在しえない。普段は想定できていない。だから、気も遣えず、前提にもできていない。ので、怖いな、と思わされることがある。起床は午前10時半。いいてんき。でも、雨が降るらしい。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、週間目標は『朝の間にその日の最適解を思い浮かべて、その最適解を実現するためにすべきことを2つ列挙する』だ。