理解には比喩が絡んでる

▼比喩による理解を思う。▼理解したぜ、と認識できた時の脳裏には、おおむね『対象を単純化した図形』が浮かんでいる。浮かんでいることが多い。問題や状況によっては『理解した』イコール『掌握がしやすいモデルができた』になりうるのだと思う。対象を再構築したシンプルモデルが脳裏に構成できた、ということが、理解した、ということと時に等しくなったりするのだと思う。理解と比喩は密接な関係を持っているようだ、と最近は考えることが多い。のは、思考をそういった経験から敷衍しているからなのだろう。