客観的に観る、は、主観を超えた夢を見るか

▼客観的に観る、というのは、主観を吟味する、ということだと理解している。あるいは判断している。もしくは定義している。おのれの持った判断から『ほかの人が観測しても同じように判断できるはずだ』と想像できる箇所だけを抽出していく、という行為――に対して『客観的に観る』という言葉を当てはめているのだった。だから、時おり『客観的に観る』が、揶揄されたり軽視されたり批難されたりしているのを見かけて、妙に納得いかないものを感じてしまうこともあるのだった。たぶん大切な作業だろうと思うからだ。