現状の思考形態

▼極限まで単純な形に分解することで極めてシンプルなモデルを構築する。わかった、とか思える。整理できた、とも思える。すっきりする。ものすごくすっきりする。理解とか把握とかを認識できる。認識できてしまう。最近はこればっかりじゃん、と思った。理系思考かもなあ、とか考えてもみた。最近は『理系』と『文系』に対して『理論化』と『物語化』という単語を適応させて思索してみることが多い。同時に『論理』とか『文脈』とかいった概念を参考にして思索したりもする。いまだに整理しきれていないのである。というような思考も『整理』や『分解』の支配下にあるんだよなあ、と思えた。理系なんてわからないよ、とか思っていた時期もあった。のに、最近は、文系が不得意だ、と考えてしまっている。極めて図抜けた『文脈語り』や『物語語り』を観察して、こんなの真似できないよ、とか思ってしまうのだ。あるいは、修行が全然足りないよな、と思ってしまうのである。無論、落胆などは覚えない。むしろ胸が躍る。楽しそうだからだ。