ヴィレッジヴァンガード V‐FORT

罪深き誘惑のマンボ (角川文庫)

罪深き誘惑のマンボ (角川文庫)

▼これまで存在をまったく知らなかった。と言えるものをあえて買おうかな、と思ったりしたのだった。記念にしようと思った、という表現が最も的確だろうか。ヴィレッジヴァンガードで掲げられている宣伝文句を読んで、きちんと『おもしろそうだ』と思えたものを試しに購入してみよう、というような心積もりだった。雰囲気の中にあまり見慣れないおもしろさを感じたのが決め手だったのだと思う。こういうのは読んだことがない。