気になる小説家

推定少女 (ファミ通文庫)

推定少女 (ファミ通文庫)

▼最近のライトノベル系小説はもう有名なものしか読んでいない。まあ有名なのに読んでないのも多いけど。谷川流氏のハルヒシリーズあたりがその好例かな。で、最近よく聞くのは桜庭一樹氏と日日日氏の名前だな、と思う。このあたりの見せる評価の高さは、聞いていると、読んでみようかなと思わされる。とか言いつつ、桜庭一樹氏の小説は読んだことがあったりするんだけど。ファミ通文庫の『推定少女』だ。確かにおもしろかった。