▼とはいえ、私は、そういう形でなされる解釈が、ことごとく見当違いで無駄だ、なんて思っているわけでもない。微妙なところではあるのだが、しかしともあれ、そういった解釈を(というか、そうした解釈を表明するという態度を)危険な行為だとは思う。時にそれは愚を露見させるのではないか、というような、そういった雰囲気を感じるのだ。まあ要するに、そんな細かいところツッコんでなにわかったようなことを言ってるのさ、と思われるような些細な揚げ足取り的解釈をする時には気をつけよう、ということだ。