愉快と微笑のバランス

▼通常「価値がある」とされているもの、に対しては、あえて意識しなくても「疑惑の視線」を向けてしまうことが多くなった。経験から学んだせいだろう。たとえ「価値があるぜ」と聞かされてきたものであっても、検討と検証で「実際」を追い詰めていくと「価値がないようだ」と判断できるものは、多い。と、認識してしまったのだ。弊害として、通常こう言われている、という情報が混じっているだけで、眼前の情報を、検証なしでは扱うことができなくなってしまった。無論、悪いことではないんだろうと思う。思うが、検証しようと思う根拠がそこにあるのはどうなの、と思うこともままある。起床は午前10時。雨音が響いていた。雨かあ、と思った。現状目標は『きつさを発生させずに時間の無駄を減らして楽しさを増幅させる、が可能かどうか試すこと』で、週間目標は『迷惑をかけないよう、腰掛けるたびに前回からの行動を検証する』だ。新宿に出掛けるつもり。