曖昧なミーティングとせめて最優先は決めておこう

▼睡魔と一緒に慚愧を捨ててみる。睡眠は足りているはずだ。雲は多い。明確な濃淡が彩りを見せている。無理矢理な解釈を悪用してでも幸せを搾り取ってみせたくなるような曇り。強風も静かになり始めた。▼起床時刻は午前9時。勤務開始は午後2時。複数の業務が溜まっている。明日の準備も必要だろう。明日は会議がある。巧いことミーティングを遂行できていないなあ、ということは複数回認識している。まあ理想形が曖昧だからだろう。遂行により「いかなる姿」を目指すべきなのか、が雑なのだ。議論の効果というのは多様で、特に限定せねばならないわけではない。が、狙いを絞るとよいようだ、とは判断している、のである。限定しないと効果が拡散して薄まってしまうなあ、とか感じているのだ。薄まりすぎて無駄になることさえある。情報の共有、結果の共有、目標の共有、計画立案とスケジューリング、などの効果が望みうるもので、複数を狙うこともできるけれど、せめて、選ぶくらいはしておこう、と考えているのだった。最優先と可能ならばを決めておくだけでもかなり違うはずだ。▼読書は、どうしようかなあ。悩んでいる。複数読み終わってない。いずれにせよ読み終えてはおこうか、なんて意志を向けてみる。