PLAY:第2次スーパーロボット大戦α

第2次スーパーロボット大戦α(通常版)

第2次スーパーロボット大戦α(通常版)

第57話『燃える地球‐後編‐』

 最後に残った敵『ミケーネ帝国』との決戦。同時にそれは『メガノイド』との決着でもあった。しかも『メガノイド』は『ゾンダー』の力を取り込んだという。敵の構成が混成部隊である理由が納得できた。悪霊将軍ハーディアス、怪鳥将軍バーダラー、超人将軍ユリシーザー、地獄大元帥、コロス、と、錚々たる顔ぶれが並ぶ。コロスを撃墜しようとすればドン・サウザーが蘇ってみせるし、最終的には闇の帝王が姿を見せやがる。さすがは最終決戦、というところか。闇の帝王が厄介だ。射程1での全体攻撃が可能だからだ。これまではたとえボスクラスの敵でも、近接してしまえば全体攻撃ができなくなる、という設定が多かった。その隙を突いた戦術が通用しないのである。ひらめきや不屈、信頼や修理装置による回復を駆使して戦うべき。魂や熱血を温存せねば、というのが教訓だ。期待などによるSP回復も考慮しておいたほうがいいかもしれない。脱力による牽制も比較的素敵な効果があるようだ、と思えた。世界中からの応援は嬉しかった。集中攻撃で撃破。