文章の背後にまで思いを馳せさせてみる

▼文章の背後には、思考や主義や傾向や人格や生活、が存在している。集束か断片として結実したものが対象の『文章』であるに過ぎない。要するに、文章を書くときには、何を考えていたか、何を大切にしているか、何を好みやすいか、どんな性格であるか、どんな環境であるか、影響してしまうだろう、ということだ。とは幾度となく考えている。▼文章の背後には、要するに、執筆者の人生、が存在しているはずなのだ。できればきちんと思考を『執筆者の人生』にまで馳せさせてみたいものだ、と思っているのだった。誤読の数割はその浅薄および短絡が誕生させるものなのだろう、なんて思っているからだ。