辞書ですら別物扱いしている二つの案件を、混ぜこぜにして考えても、まとめられるわけもなく

▼▼ある単語××の意味を辞書で引いた時に(情景や情感としては近しいところもあるにせよ)異なる意味や定義が二つ三つ並んでいることだって頻繁にあるわけで(例えば意味Aと意味Bとする)、××とは何なのだろう、と、様々な事例から帰納的するように考えることがあるならば、意味A的な事例と意味B的な事例を、混ぜこぜにしつつ考えても、綺麗に整理なんてできるわけない、ということを、普段から踏まえられておいたほうがよさそう、って思った。