辞書とかでもよいから読書

▼▼読書として辞書や辞典を読む、っていうのをほぼやったことがないので、やったことがある人に対して、劣等感がある、っていうの、ひさしぶりに思い出した。